920MHz帯アンテナ一体モデム

【UMM-920-1A】
【UMM-920-1C】管理PC接続仕様

概要・主な特徴

  • 取付場所の自由度が高いアンテナ内蔵型920MHz帯無線モデムです。
  • 他の2.4GHz帯の無線機器とは異なる周波数帯で電波干渉が起きにくい利点があります。
  • 2.4GHZ帯より低い920MHz周波数帯は障害物を回り込みやすい特性があります。
【標準仕様】UMM-920-1A
【オプションケーブル追加仕様】UMM-920-1A
【管理PC接続仕様】UMM-920-1C

システム構成例

【UMIO-88】からの信号を【UMM-920】で無線中継伝送する例

振動温度監視センサー【VIS-50G】を【UMM-920】と【AM-WR110】無線中継エリアマスターで中継伝送し
ネットワークマスター【NM-VI100】へ集約、PCへ伝送する事例

設置イメージ

カバーを開けて付属のビスで壁面等に取り付可能です。
UMMアングル取り付金具(UMM-BR02)で設置。
(マグネットを外してビスで固定もできます。)
ポールの影響を受けにくいオフセット取付が可能
画像のポール固定ベルトは付属品とは異なります
長時間の強い日差しから本体を保護する
遮光ケースを用意
画像のポール固定ベルトは付属品とは異なります
  • ポール取付金具には固定ベルト(ステンレス)2本が付属
  • ベルト巾10mm、取付可能ポール径 φ60~φ400mm、ベルト長さ1,500mm

仕様

技術基準 ARIB STD-T108
電波形式 F1D
無線周波数帯 920.6~928.0MHz
周波数チャンネル 38チャンネル
データ変調速度 50kbs
1kbps(長距離用)
空中線電力 20mW
通信距離 屋外見通し1,200m(環境による)
長距離モード(1kbps)の場合2km以上
アンテナ 内蔵アンテナ
通信方式 単信通信方式
通信形態 1:1、1:N
誤り訂正機能 自動誤り検出と自動再送機能
インターフェース 非同期シリアル通信(3.3V)
UMM920C⇒RS232C
UMM920A⇒RS422
データレート 9600~115.2kbps(有線部分)
電源電圧 DC9~24V
消費電流 30mA以下(電源電圧DC12V)
使用温度範囲 -10℃~+50℃
外形寸法 90(W)×130(H)×25(D)
重量 160g