振動・温度予兆監視装置

振動・温度センサー


VIS-50G

20KHz 応答のセンサー VIS-50G

回転機の軸受け異常予兆の振動周波数帯域は
10KHz以上であり、この周波数に対応できる
センサーでなければ検出できません。
本センサーはこれを可能とします。

0~±50gまでの高感度センサー  VIS-50G

低ノイズ、高感度のセンサー出力を1/4000の分解能でデジタル処理
することで、軸受異常などの強く高速な振動や、アンバランス異常等の
低速で微小な変化を検出します。

温度監視センサーも VIS-50G

振動の計測とともに温度データも取得し、観察することで機器の異常に
気付くことができます。

振動・温度センサー VIS-50G  仕様

加速度検出範囲 0g~±50g
周波数応答範囲 0Hz~20KHz
計測軸数 1軸
センサタイプ MEMS
温度検出範囲 -10℃~+80℃
防滴性能 IP65相当
電源 3.3V  計測端末よ供給
接続ケーブル長 2m
寸法 29x41x26
取付方法 マグネットorねじ止め

VIS-50G 外観寸法


VIS-50G

振動・温度計測端末


VIT-100

100KHzサンプリング   VIT-100

高速サンプリングを行うことで、軸受異常などの
高速な振動も見逃しません。

FFT 解析 VIT-100

計測した振動データを即座に解析し、ピーク値、
10件のピーク値、低周波領域(200Hz以下)における、
振動のピーク値と周波数を検出し無線送信します。
これにより繊細な予兆監視と無線による電池寿命10年を
実現しています。

現場生波形の観測 VIT-100+PC

現場に設置された、VIT-100にPCをUSB接続することで、振動の生波形と計測値、
解析値をリアルタイム表示させることができます。
この波形データはPCによりさらに高度な解析を可能にします。

振動・温度計測端末 VIT-100  仕様

AD変換 12ビットA/D  100KHz  1秒計測
検出情報 ピーク加速度
  ピークを除く上位10件の加速度の平均
  低周波成分のピーク値と周波数
  温度
計測タイミング 1時間毎~48時間毎まで可変
電源 単三電池4本にて10年 1日1回計測とした場合
寸法 126x156x53
防滴性能 IP50(別途防塵・防水Box有り)
外部I/F USBx1

VIT-100 外観寸法


VIT-100

無線中継による特徴


無線中継システム構成図


AM-WR110

端末自由配置空間の構築 AM-WR110

AM-WR110を配置することで、その周囲は
計測端末を自由に配置可能な空間となります。
AM-WR110は中継用無線機により、NM-VI100
経由でPCとつながります。


UMM-2400

端末通信と中継通信の分離 UMM-2400

中継通信をUMM-2400が行うことで、端末との
通信を良好に行うための AM-WR110 配置が
自由になります。UMM-2400の通信ケーブルは
5m、10m、20mを用意しており、中継通信の
都合の良い場所に配置することが可能であり、
ケーブル長による無線伝送距離の減衰を心配する
必要がありません。これにより、見通し通信距離
400mが本来の能力を発揮することができます。


予兆監視画面

端末管理台数 100台

本システムの振動監視端末管理台数は100台です。
この他に90台のセンサー情報収集用の機器を
追加可能となっており、環境温度、圧力、照度、
流量などのセンサー端末を追加可能としています。
(要ソフト追加)

統合的向上環境監視への可能性

振動のみならず、他の環境センサー情報を取得可能とすることで、
予兆監視+機械動作環境、作業者環境の監視が実現可能となります。

計測端末の無線仕様

無線形式 IEEE802.15.4
周波数帯 2.405GHz~2.493GHz
チャンネル数 19ch
1システムの使用ch 2ch
通信距離 見通し400m(環境による)
中継段数 4段
端末通信方式 スリープ&コンテンション
  設定変更は待受けにより実施