ネットワークマスター

ETHERNET、RS-232Cのいずれかと接続可能なマルチ親無線機

Feature

概要・主な特徴

  • ETHERNET、RS-232Cのいずれかに接続可能な親無線機です。
  • 無線による情報収集ネットワークシステムの最上位機としてお使いいただけます。
  • 特に大規模なシステムでは同じネットワークマスターを中継機(システム上はエリアマスターと呼称)として
      LAN接続することで、広範囲の多数箇所に設置した子機のデータを短時間内に収集できます。
[各部の名称]

仕様

ネットワークマスター仕様 
電源 ACアダプタ(12V)又はDC12V
消費電流 150mA以下
外形寸法 127×121×29mm(但し突起物・取付けステー含まず)
重量 400g

 無線部仕様
技術基準 国内電波法 工事設計認証取得済
通信方式 単信方式
空中線電力 0.5mW/MHz以下
変調方式 OQPSK
拡散方式 直接拡散
発振方式 水晶発振により制御する周波数シンセサイザー方式
通信速度 最大250kbps
無線仕様
  • 2.4GHz帯SS無線
  • STD-33とSTD-66の両周波数帯域に対応
  • 16CHが使用可能(他の無線機との干渉を避け易くなっています)
サービスエリア 屋外環境200m(見通し距離)
アンテナ種類 ペンシルアンテナ又は、つば付きアンテナ

通信仕様
通信プロトコル TinyBee2.5(アローセブン独自プロトコル)
ネットワークトポロジ スター、ツリー
中継通信 最大2段
最大端末数 253

動作条件
動作温度 -10~+55℃
動作湿度 90%RH以下(但し結露しないこと)

その他
LCD表示器 各種設定表示