アローセブンとは?

無線通信を中心としたネットワークシステムのトータルコーディネイトを行う会社です。製品開発からアプリケーション開発まで、無線通信に関連する全てをサポートします。
無線システムは、現場における環境の影響を受けやすく、計画通りに開発・導入を進めるには、経験の蓄積が重要になります。アローセブンは無線システムの開発に特化することで、今まで多くの経験を積み、その技術力を実績の中に反映してきました。

アローセブンが目指すもの

汎用システムでありながら、カスタマイズされることも前提におき、ユーザーのシステムの要望に的確に対処可能なシステム作りを、また、高機能でありながら難しさを感じさせないシステム作りを目指しています。
常にユーザーの立場を考え、提案及びもの作りを行い、特に導入現場においてユーザーが戸惑うことのないよう、充分なフォローを心がけています。

会社概要

会社名 株式会社アローセブン
所在地(本社)

〒433-8122

浜松市中区上島3丁目27番7号

連絡先 TEL 053-469-0031
設立 1985年11月15日
代表者 代表取締役 鈴木弘光
資本金 4,500万円
事業内容

無線応用機器システムの企画・開発・製造・販売

電子応用機器システムの企画・開発・製造・販売

自社製品

無線通信モジュール「UM-100」

無線インターフェースモジュール TinyBeeシリース

「UMU-100(USB)」「UMU-100(RS-232C)」「UMU-100(Ethernet)」

無線I/Oモジュール「UMIO-100」

無線アナログモジュール「UMAI-100」「UMAO-100」

ネットワークマスター「ATRAN構成機器」

エリアマスター「ATRAN構成機器」

カラー無線車上機端末「FORKS-CⅡ」

無線伝送ユニット「ARN-60500」シリーズ

無線小型伝送ユニット「ARN-60530/60540/60541/60550

SS無線32点I/O伝送ユニット「MIO-32」シリーズ

SS無線環境チェッカー「SSスコープ ARN-7000」

無線通信モジュール「UM-200」

主要業務

無線応用機器システムの設計・制作

マイクロコンピュータ応用製品の開発・販売

マイクロコンピュータ・FPGA等組込み機器開発

物流/生産合理化システムの開発

得意技術

無線応用技術

通信プログラム開発

無線LANシステム開発

筐体設計・回路設計・基板設計・構造設計

生産体制 開発・試作・量産までの一貫体制
分野別実績

[FAシステム分野]

無線ステアリング角度計

無線画像処理センサー

液晶パネル検査装置

無線AGV衝突防止装置

無線温度収集システム

 

[物流システム分野]

無線LAN冷凍庫/フォークリフト入出庫管理システム

無線ハンディーターミナル包装管理システム

無線LANピッキングカート仕分けシステム

種まき式LED仕分けシステム

 

[通信システム分野]

無人ヘリコプターGPS計測補正運行システム

列車ホーム戸閉合図無線通信システム

列車発着ベル無線制御システム

 

[研究開発分野]

無線式2軸角度計

トルク計測システム

地震被災度判定システム

 

[その他の分野]

ラップタイム計測システム

排水ポンプ車制御装置

電力監視システム

融雪機稼働合図伝送システム

無線水位監視システム

MAP