【UMIO-88】 IN8 OUT8 信号伝送

  2.4GHz 
  デジタル信号点伝送ユニット

入出力各8点のポートを備えた、新型ユニット
設置する場所や環境により4種類のタイプを用意

Feature

Download

各部の名称・主な特徴

  • 入力信号点数8点(フォトカプラ入力)です。
  • 出力信号点数8点(オープンコレクタ出力)です。
  • 2.4GHz帯スペクトル拡散(SS)方式無線データ転送です。
  • 免許の申請、資格が不要です。
  • アンテナは用途に応じて、選択可能です。
  • 接続はスクリューレスのプッシュタイプで配線が容易です。
  • 電源はDC9V~28Vまたは専用ACアダプタ(DC12V9が使用できます。
  • LEDランプにて動作状況が確認できます。
  • 各部機器接続コネクタを装備し、アンテナ一体型無線モデムを専用ケーブルで接続できます。
  • RS-232Cコネクタを装備し、PCやバーコードスキャナ等とコミュニケーションが可能です。

システム構成例

タイプ別製品一覧と設置イメージ

【UMIO-88AX】可倒式アンテナ接続例

  • 本体のSMAコネクタへ可倒式アンテナを直結したタイプです。
  • コストは抑えられるものの、アンテナ位置に自由度がありません。
  • 防塵・防水が必要な場所でお使いの場合は防水・防塵樹脂ボックスに入れてください。
【UMIO-88AX】可倒式アンテナ型
【防水・防塵樹脂ボックス収納例】
安全ブレーカーとコンセント付きを推奨

【UMIO-88AX】外部アンテナ接続例

  • 本体のSMAコネクタへ外部アンテナを接続したタイプです。
  本体を盤ケースや防水・防塵樹脂ボックス内に収納し、アンテナを外部に取り付ける場合に最適です。
     別途アンテナ延長ケーブル1m、2m、5mをご用意しています。
  • 写真はつば付アンテナARN-AT01をマグネット取付金具AMB-01に接続した例です。
【UMIO-88AX】外部アンテナ接続例
【防水・防塵樹脂ボックス収納例】
アンテナ延長ケーブル(1m、2m、5m)を使用して
離れた場所へアンテナを設置可能

【UMIO-88AM】 無線モデム接続タイプ

  • 本体に無線機は内蔵されておらず、拡張通信用コネクタにアンテナ一体型モデムUMM-2400Aを
     接続したものです。
  • モデム部はアンテナ一体のため、ケーブルを長くしても、通信距離で電波が減衰しない
   利点があります。
  • モデム接続ケーブルは標準品が2mです。
   また延長ケーブル5m、10m、20mを別途ご用意しています。
【UMIO-88AM】無線モデム接続タイプ
本体に無線モデムは内蔵されておらず
拡張通信用コネクタにUMM-2400を
接続して使います。
UMM-2400を専用モデム接続ケーブルで接続
カバーを開けて付属のビスで壁面等に取付可能です。
【開発中】専用マグネット取付金具(ワンタッチ)
【防水・防塵樹脂ボックス収納例】
UMM-2400のモデム接続ケーブルは2mが標準です。
延長ケーブル5m,10m,20mを別途用意しています。
【UMM-2400のポールへのオフセット取付例】
ポールの影響を受けにくいオフセット取付が可能
【UMM-2400への専用日除け装着例】
長時間の強い日差しから本体を保護する
日除けを用意

【UMIO-88EX】 拡張ユニットタイプ

  • 本体に無線機は内蔵されておらず、I/O増設用のユニットして使用します。
  • 無線ユニットとの通信は本体のRS-485インターフェース(端子)で行います。
【UMIO-88EX】拡張ユニットタイプ


【拡張ユニットを1台接続した例】
8点入出力→16点入出力へ拡張

UMIO-88 製品仕様

無線仕様
  • 2.4GHz帯SS無線
  • STD-33とSTD-66の両周波数帯域に対応
  • 19CHが使用可能(他の無線機との干渉を避け易くなっています)
  • 周波数チャンネル表
電源 DC9V~28V又はACアダプタ
消費電流 100mA以下(DC12V使用時)
外形寸法 120(W)×60(D)×24(H)
I/Oポート 入力(フォトカプラ)8点
出力(オープンコレクタ)8点
通信ポート RS232C×1
RS422×1(外部モデム接続用、電源込み)
RS485×1(拡張ユニット接続用)
拡張機能 各1台拡張可能
信号応答速度 100msec以下が可能
通信距離 屋外300m 屋内60m(環境により)
使用温度範囲 -10℃~+50℃
重量 130g