UMR-200シリーズ

【UMR-200A】 【UMR-200B】 【UMR-200C】

【UMR-200A】(RS-422接続)
【UMR-200B】(RS-485接続)
【UMR-200C】(RS-232C接続)

Feature

Download

概要・主な特徴

本品は1対1通信に使用可能で、以下のような有線からの置き換え用としてもご利用いただけます。

・現場の配置換えにより有線接続が困難になった。
・機器間の距離が延びて有線の延長では実現困難になった。
  ※UMR-200はシリアル通信タイプに関わらず、接続距離は無線性能によります。
  (一般的には屋外見通し200m、屋内60m程度ですが、お問い合わせください)
・片側を移動式としたい。
・有線式の断線に悩まされている。

UMR-200共通仕様 | UM-200無線モジュール仕様 | D-sub9pin配線仕様

UMR-200共通仕様 
電源 DC12V~24V入力 又は 専用アダプタ(DC5V)
外形寸法 120×60×27mm(但し突起物・取付けステー含まず)
LED表示 2点
設定スイッチ 16点ロータリスイッチ×3個、4点ディップスイッチ×1個
アンテナ 標準:可倒アンテナ(改造によりSMA変換コネクタ化可)
動作温度 -10℃~+60℃
動作湿度 90%RH以下(但し結露なきこと)
消費電流(3種同等) 13mA以下(DC24V時)
 
UM-200無線モジュール無線部仕様
技術基準 国内電波法 工事設計認証取得済
通信方式 単信方式
空中線電力 0.5mW/MHz以下
変調方式 OQPSK
拡散方式 直接拡散
発振方式 水晶発振により制御する周波数シンセサイザー方式
通信速度 最大250Kbps
無線仕様
  • 2.4GHz帯SS無線
  • STD-33とSTD-66の両周波数帯域に対応
  • 16CHが使用可能(他の無線機との干渉を避け易くなっています))
サービスエリア 屋外環境 200m(見通し距離)

UM-200無線モジュール通信仕様
通信プロトコル 上位層:TinyBee2.5(アローセブン独自プロトコル)
下位層:IEEE802.15.4 MAC
ネットワークトポロジ スター、ツリー
中継通信 最大2段
最大ノード数 253

D-sub9pin配線仕様
  UMR-200A
(RS-422)
UMR-200B
(RS-485)
UMR-200C
(RS-232C)
9Pin-1 A A  
9Pin-2     RXD
9Pin-3     TXD
9Pin-4 B B  
9Pin-5     GND
9Pin-6 Y    
9Pin-7     RTS
9Pin-8     CTS
9Pin-9 Z