無線高速アナログ伝送入力/出力ユニット

生産中止品 【ARN-60620・ARN-60621】

狭帯域SS無線の中で、伝送速度最速クラス!

Feature

Download

概要・主な特徴

  • 1msec間隔でサンプリングデータを無線伝送で、リアルタイム性を求めるデータ収集に最適
  • 最大6点の0~5V信号を伝送し、端子台はドライバー不要のワンタッチ装着

主な用途として「衝撃吸収計測」「回転計測」「変位計測」「距離計測」「磁気計測」「振動計測」など、様々な場面でご使用いただくことができます。

無線高速アナログユニット共通仕様

周波数チャンネル 2403.328MHz~2480.128MHz 5.12MHz間隔 16チャンネル
通信距離 屋外130m屋内30m(環境による)

ARN-60620仕様

アナログ入力点数 6点
アナログ入力電圧範囲 0~5V
アナログ入力電圧分解能 12bit
電源電圧 DC5V(ACアダプタまたはDCコネクタより入力)
消費電流 300mA以下
寸法(mm) 98.7 × 151.5 × 31.8(突起部除く)
重量 460g
使用温度範囲 -10℃~+50℃

ARN-60621仕様

アナログ入力点数 6点
アナログ入力電圧範囲 0~5V
アナログ入力電圧分解能 12bit
電源電圧 DC5V(ACアダプタまたはDCコネクタより入力)
消費電流 250mA以下
寸法(mm) 98.7 × 151.5 × 31.8(突起部除く)
重量 470g
使用温度範囲 -10℃~+50℃